工事の重要性

見過ごされる落雷対策

コンピューターを健全に保つために、セキュリティーをしっかりさせている会社は多い。なぜなら自社の貴重な情報が沢山コンピューターに納められているからだ。このように現代においては、会社のパソコンが業務の心臓部になっていることが多いため、コンピューターのウィルス対策に力を入れているのもうなずける。しかし、会社のコンピューターを安全に守るという点で、以外な盲点となっているものがある。それは、落雷である。この落雷は会社の電気関係のものであれば、全てに影響を与え破壊するといわれているものである。特にコンピュターはその餌食になりやすい電化製品といわれている。では、この落雷対策にはどんな方法が有効といえるだろうか、次の記事で考えてみよう。

落雷による被害を避雷針で食い止める

前述でも述べたように、落雷対策はどの会社でも以外と進んでいない対策の一つである。この落雷対策に有効なのが避雷針の設置、つまり避雷針工事である。この避雷針工事は有資格者が行う工事で素人ではできない工事である。この避雷針工事は建物が立つ前に行えれば一番良いが、建物が建った後でもやり方次第で可能な工事といえる。では、落雷に何故避雷針が有効かということを説明しよう。あまり知られている事ではないが、雷の性質上、落雷した雷は落ちた場所から電気が飛び散るといわれている。特に避雷針ではないものに落ちた場合には、尚の事そういえる。それで、落雷により電気が飛び散れば、その近くにある電化製品の中に入り込むのだ。そうなると焼け焦げていないにも関わらず、コンピューターや電化製品が落雷後に作動しないという事になってしまうのだ。そうならないためにも落雷の電気を吸収してくれる避雷針設備は欠かせないものといえるだろう。では、会社のコンピューターを守るためにも避雷針工事を積極的に考慮してみるのはどうだろうか。