法律の改正に伴う

点検が必要となった経緯

平成13年の9月に新宿歌舞伎町のビルで起きた火災を皆さんは覚えていますか。火災の起きたビルは比較的小規模であったにも関わらず44名の命が犠牲になりました。 このような被害が起こった要因として挙げられているのが、階段に避難の妨げとなる物品が放置されていたことや、防火管理者が選任されておらず適切な避難訓練が日ごろから行われていなかったこと、さらには消防用設備点検も実施されていなかったことがあります。 このことがきっかけとなり消防法が大幅に改正されました。その改正の一つとして新設されたのが防火対象物点検です。 防火対象物点検は多数の人が出入りする一定の防火対象物について、所有や管理の権限を有する者が、有資格者による定期点検を行い、その結果を消防署へ提出する制度です。

ビル管理において今後予想される動向

収容人数やビルの階高が要件にあったビルは防火対象物点検が必要なビルとなります。防火対象物点検は専門的知識を有する防火対象物点検資格者によって行われます。点検対象事項が基準に適合していると認められた防火対象物は防火基準点検済証というマークが記載されたステッカーを提示することができます。これによりビルの安心性をアピールすることができます。現在の法令では収容人数は300人以上かどうか、また階高は地階または3階以上かどうかが点検を必要とするかどうかの基準となっています。しかし今後はこの基準もより厳しくなりより小規模なビルにおいても何らかの点検が必要となることも予測されます。適切な管理を日ごろから行い、安全なビル管理が行われることが望ましいですね。

工事の重要性

避雷針工事は、雷の危険性にさらされている、あらゆる「空を向いているもの」にとっては必要不可欠なことだと言えます。その工事によって、雷の脅威から人や物を守ることが出来るのです。

Read more »

絶対必要な設備

スプリンクラーは今、「絶対必要な設備」として扱われています。その設置を行うことは、火が出た場合にすぐに対処できる消火システムを備えること。時に防ぎようのない災害というものに備えるためのものなのです。

Read more »

エネルギー削減の技術

工場を省エネの状況にするためには、エネルギー削減の技術を取り入れることが大切です。コスト削減につながるエネルギー削減の手法として、ヒートポンプを取り入れた設備が導入されていることに目を向けられます。

Read more »

電動シャッターにする

電動シャッターは、企業や店舗のみならず最近では多くの住宅でも利用しているものです。シャッターの上げ下げがボタンひとつで出来るので、非常に便利でかつ防犯対策に優れています。

Read more »